kurasu

KURASU - PLAN

長い間暮らし続けるおうち。大事な時間を安心して暮らしていけるよう、紀州材のヒノキ材で家を強くしてご家族を守っていける家づくり。

CONCEPT

複雑な設計を避け、計算上耐震に強い間取りを作りを考え、強固な基礎づくり、檜構造材により強い家づくり。
コストについては、シンプルで機能を絞った設備を選び、規格商品を採用することでコストを抑えています。必要な部分にはしっかりした物を使い、抑えるところは抑える、予算に無理をしないプランです。

標準仕様

1:構造材 強い強度を持つ紀州木材
2:外壁 地震にも汚れのつきにくい光セラサイディング材
3:サッシ アルミと樹脂のハイブリットサッシ
4:計算上 耐震等級3相当

(ご希望により変更することは可能です)

構造材に紀州ヒノキ材

構造材は「骨組み」言われるように、家にとってとっても大事な部分。人間でも体を支えるのに「骨」はとても大事というのと一緒です。ヒノキ材を使うことで家の強度は上がり、腐食も杉に比べ少ないため、長い間家を守り続けてくれます、外壁や内装などは、後に変更することは可能ですが、構造材は建ててしますと変更することはできない大事な部分をしっかりした木材を使用しております。

光触媒で汚れを落とす、外壁

太陽のチカラで外壁の汚れを分解し、雨のチカラできれいに洗い流すし、紫外線に強く劣化しにくい為、10年経っても色明けが少なく信頼のサイディングを採用しております。こちらのサイディングは壁のメンテナンスがとっても楽!長い目でのメンテナンスコストも抑えることができます。

 

アルミと樹脂のハイブリット窓

樹脂とアルミの窓というのは、室外側を強い風にも対応できるよう、強度・耐久性に優れたアルミを。室内側には断熱性・防露性に優れた樹脂を採用されている、外側・内側の状況に合った窓サッシです。ガラスはLow-E複層ガラスを採用し、優れた断熱効果により室内の熱を逃がさず、エアコンの効率を高め、住まいの省エネ化に貢献します。夏の暑さ、冬の寒さを快適に近づけるように。

構造計算は優れた数値

自由設計はもちろん、間取りをシンプルにすることにより、構造計算の上で、耐震に優れた数値を出した設計とさせていただいております。

お客様に合わせた設備機器

キッチン・お風呂・洗面等はLIXIL・タカラスタンダード・クリナップ、Panasonic等、各種メーカーに対応できるようにしております。

保証と第三者機関の検査

10年の瑕疵担保責任保険。地盤調査、補強による地盤補強。施工中は第三者による鉄筋検査、金物検査、完成検査等しっかりと検査しております。

Kurasu image

Kurasu-PLAN

kurasu-PLAN サンプルプランをこちらのページに随時作成したものをアップしていきます。

kurasu-PLAN